大阪でゲストハウスを始めてから

あなたにとって「ちょうどいい宿」

夢を語るのは自由だから

「夢は大きく誠実に商売しないとね」。 私にコーヒーの淹れ方を教えてくれた師匠の言葉です。友人がお土産に買ってきてくれたコーヒーがとても美味しくて通うようになったカフェ。今では私の癒しの場所です。 宿を始めて、もうすぐ1年です。 宿を始めること…

この数日は真夏のように暑いからさっぱりサラダとアイスコーヒー

毎日がもう真夏のように暑いです。こんな暑いと朝は食欲がなくなかなと思って。今日の朝のサラダは野菜の南蛮漬。 ナス、オクラ、人参、を少し多めの油で炒め、玉ねぎはスライスに。漬けだれは醤油、お酢、砂糖、お酒、みりん、を混ぜて、一煮立ちして甘酸っ…

ひと手間を惜しまない。そんな宿にしていきたい。

どうしたらお客さんにもっと心地よく、また来たいと感じてもらえるのか。考えると 終わりがありません。先月から始めた朝食のサービスもそのひとつです。 #アウトドアウエディング#大阪旅行 #大阪ゲストハウス#難波#音楽#トラジャコーヒー #抹茶#osakaguesth…

4枚の板をついで作ったバーカウンターの天板

朝ごはんを食べ終えコーヒーを飲んでいるお客さんと雑談してる写真。友人が撮ってくれました。朝ご飯を始めると会話のきっかけが出来るからすごくいい。今日はこのカウンターを作った時のはなし。バーのカウンターっていうと1枚板を使うことが多いですよね…

少しの手間をかけて美味しい朝食を

「この宿はこのままでいいよ。あなたの世界観を変える必要はない絶対に。あなたがお客さんのために変えたいなっていうところを少しずつ変えていったらいい。焦ることはないよ。ちゃんと居心地はいいから。」 ゴールデンウィークが終わり、静かになった週。泊…

近すぎず、遠すぎず、誰にとっても居心地のいい場所を創る

私は昨年の9月に宿とバーを始めました。それから月に1度は「宿を始めたいです!」という方々が泊まりに来ます。アドバイスを出来るとしたら「やってみたいことがあれば始めてみたらどうですか」ということです。 私は今まで宿で働いたこともありません。カ…

木こりとユウスケさんと選んだリビングの木

神社の前というのはどこか清々しい気持ちになります。 「この木がいいです、空間が引き立ちます」と褒めてもらう機会が多く嬉しい限り。 始めはリビングに木を立てるなんてアイディアはありませんでした。もともと、アメリカっぽいデザインの大きいソファー…

音楽が創る空気感

音楽が空間を創る 空間を創る要素の一つとして音楽って、とても大事なものだと思っています。例えばですが、朝8時半、10時半、午後2時、夕方、夜、その時々に心地いい音楽があると思います。コーヒーがより美味しく感じたり、ゆったりリラックスできたり、か…

くぐって入るドア

宿の内装の一つ一つに思い出が詰まっています。その一つが宿の玄関のくぐり戸です。宿を始めてから、たまに頭をぶつけるお客さんがいるので、案内するときに「ドアが小さいから、頭をぶつけないようにね。」と一言付け加えるようにしています。 宿の玄関。皆…

宿を始めた今とこれからの夢

宿を始めるまで 振り返ると宿を始めるまでは宿を始めることに必死でした。2016年1月に会社を辞めてから9月にオープン。始めは1000万円もあれば足りるだろうと思っていた改装費。実際に見積もりをお願いすると2000万円を超えていました。その日の夜、仙台に住…

わたしについて

こんにちは。大阪でゲストハウスの経営を初めてからの日記です。 「宿と私」 「何故ゲストハウスを始めたんですか」というのはもっとも聞かれる質問です。どうやらゲストハウスをはじめる人は 人とコミュニケーションをとるのが好き 旅に関わる仕事をしたい …