大阪でゲストハウスを始めてから

あなたにとって「ちょうどいい宿」

4枚の板をついで作ったバーカウンターの天板

f:id:create-guesthouse-for-vistor:20170627103827j:plain



朝ごはんを食べ終えコーヒーを飲んでいるお客さんと雑談してる写真。友人が撮ってくれました。

朝ご飯を始めると会話のきっかけが出来るからすごくいい。


今日はこのカウンターを作った時のはなし。バーのカウンターっていうと1枚板を使うことが多いですよね。私の宿は4枚の板をついでカウンターを作りました。



一緒に材木屋に行って。

 

f:id:create-guesthouse-for-vistor:20170627174659j:plain




f:id:create-guesthouse-for-vistor:20170627174729j:plain

 

買ってきた4枚の板をみて。大工のヒロセさんは。

 

 

f:id:create-guesthouse-for-vistor:20170626195205j:plain


「なんで4枚やねん。くっくっく、自分ら1枚板を買いに行ったんちゃうんか。4枚どうするん。つぐんか。また面倒くさいことやらすの。自分ら。」と。


f:id:create-guesthouse-for-vistor:20170626195109j:plain

大工のヒロセさんはタバコを吸いながらニヤッと笑って。


「初めは一枚ものを買うつもりだったんですが。短い板を数枚つぐのも面白いんじゃないのかって話になりまして。値段も一枚もんやったら20万とかするでしょう。これやったら4枚で4万以内で収まるんですよ。ヒロセさんやったらいけるでしょ。天板の高さだけ合わせて」



「よういうわ。もう慣れたけど、カウンターの板をつぐのは初めてやで。こんなん普通の大工やったらようやらんで。めっちゃ手間やかなら。」


「ヒロセさんやったら出来るでしょ。普通の大工やないから。笑。」

 

f:id:create-guesthouse-for-vistor:20170626195125j:plain




そんなことを言いながら4枚の板の並べる順番を考えて。




「これが端っこきた方がかっこええなぁ。なんかパズルみたいでおもろない?」
なんて話ながら。




高さを合わせて。



板を並べる順番を決めて。

 

f:id:create-guesthouse-for-vistor:20170626203837j:plain


 

 

出来たカウンターはこんな感じになりました。ヒロセさん、本当にありがとさんです。大切に今も使っています。 

 




泊まっていただいたお客さんに少しでも満足してもらうために、そしてもっとたくさんの人に泊まっていただけるように日々精進です。