大阪で宿を始めてから。夢を叶えるまで。

もう一度SHU建築と宿を作りたい。朝ごはんと音楽のいい宿を。

くぐって入るドア

宿の内装の一つ一つに思い出が詰まっています。その一つが宿の玄関のくぐり戸です。

宿を始めてから、たまに頭をぶつけるお客さんがいるので、案内するときに「ドアが小さいから、頭をぶつけないようにね。」と一言付け加えるようにしています。

f:id:create-guesthouse-for-vistor:20170521100400j:plain


宿の玄関。皆がここから入って来ます。一番目に入るところ。もともとは真鍮のドアノブがついたかっこいい建具をつけたいと思っていました。

けれど改装の予算は本当にギリギリで。アンティーク家具屋で建具を買う余裕がありませんでした。



ユウスケさんの事務所でお邪魔させてもらいまして。2人でパソコンの前に座り、ヤフーオークションなどでひたすら建具を探しました。



「この建具はどうですかね、いい感じやと思うんですが」
「ヤマシタくん、それやったら古民家っぽくなるで」
「なんていうかアメリカとかパタゴニアっぽい感じのやねん。」
「これはどうですかね〜」
「いい感じやん。イメージ掴んで来たな。けど高いなー」


事務所で朝から探し始めたのですが良いのが見つからなくて。
その日の夜はユウスケさんの家に泊めてもらいました。ありがとさんです。



2日目の午後、
「これ、めっちゃいい感じや。かっこいい、イメージ通りやで。これやろ!」
と見つけた建具があって。
「思ってたよりも安いですね!誰かに買われる前に買わないと!」
「うっしゃ。行くで」とホームページをプルダウンして行くと。

よくよく見たら既に売り切れてしまっっていて。


「うわー。まじかー。しかもなんでこんな直近で売れてんねん。」

と二人して唸り声をあげたのを覚えています。


f:id:create-guesthouse-for-vistor:20170521094431j:plain

 

それからも
大阪、アンティーク、建具、輸入、アメリカ、神戸、京都、古道具、こんなキーワードをパソコンにひたすら打ち込みました。



けれど、やっぱり一度これだってものを見つけてしまった後だったのでなかなか見つからなくて。



最後に辿りついた案がくぐり戸でした。

f:id:create-guesthouse-for-vistor:20170521094230j:plain


「ブルックリン調のカフェのドアはしっくり来ないし、古民家風の引き戸も違うなぁ。ヤマシタくん、くぐり戸とかどう?前に一緒に行ったバーあるやん、あそこのくぐって入るドアあったやん。あんな感じで。」


「宿でくぐり戸って。めっちゃ面白いじゃないですか!イメージはどんな感じですか。」と言って絵を描いてもらいました。

 

 

 


「家のドアがくぐり戸やったら、しんどいけど旅行やったら面白し、想い出に残るやろ。これやったらアンティークとかの建具より安いし!」
「それで行きましょ!」


そんな感じで宿の入口がくぐり戸になることが決まりました。before after はこんな感じです。



f:id:create-guesthouse-for-vistor:20170521143332j:plain

f:id:create-guesthouse-for-vistor:20170521143358j:plain

 

f:id:create-guesthouse-for-vistor:20170521143534j:plain





f:id:create-guesthouse-for-vistor:20170521143632j:plain







f:id:create-guesthouse-for-vistor:20170521143750j:plain

今日は夏らしい曲を聞きながらサイダーでもどうぞ。

www.youtube.com