大阪で宿を始めてから。夢を叶えるまで。

もう一度SHU建築と宿を作りたい。朝ごはんと音楽のいい宿を。

この数日は真夏のように暑いからさっぱりサラダとアイスコーヒー

 

f:id:create-guesthouse-for-vistor:20170717134842j:plain

毎日がもう真夏のように暑いです。

こんな暑いと朝は食欲がなくなかなと思って。今日の朝のサラダは野菜の南蛮漬。
 
ナス、オクラ、人参、を少し多めの油で炒め、玉ねぎはスライスに。漬けだれは醤油、お酢、砂糖、お酒、みりん、を混ぜて、一煮立ちして甘酸っぱく。そこにたっぷりの生姜と鷹の爪を混ぜてピリ辛に。
 
 

続きを読む

ひと手間を惜しまない。そんな宿にしていきたい。

f:id:create-guesthouse-for-vistor:20170705214757j:plain




どうしたらお客さんにもっと心地よく、また来たいと感じてもらえるのか。


考えると

 

終わりがありません。


先月から始めた朝食のサービスもそのひとつです。

https://www.instagram.com/p/BUyMqMih5eK/

#アウトドアウエディング#大阪旅行 #大阪ゲストハウス#難波#音楽#トラジャコーヒー #抹茶#osakaguesthouse#osakatrip#music#coffee#matcha#backpacker #langlee#humberthumbert #cafe#HostelLnK#大阪民宿#OsakaHostel#大阪難波#大阪#通天閣#おおさか#日本自由行#오사카게스트하우스#난바숙소#난바게스트하우스

続きを読む

4枚の板をついで作ったバーカウンターの天板

f:id:create-guesthouse-for-vistor:20170627103827j:plain



朝ごはんを食べ終えコーヒーを飲んでいるお客さんと雑談してる写真。友人が撮ってくれました。

朝ご飯を始めると会話のきっかけが出来るからすごくいい。


今日はこのカウンターを作った時のはなし。バーのカウンターっていうと1枚板を使うことが多いですよね。私の宿は4枚の板をついでカウンターを作りました。



一緒に材木屋に行って。

 

f:id:create-guesthouse-for-vistor:20170627174659j:plain




f:id:create-guesthouse-for-vistor:20170627174729j:plain

 

買ってきた4枚の板をみて。大工のヒロセさんは。

 

 

f:id:create-guesthouse-for-vistor:20170626195205j:plain


「なんで4枚やねん。くっくっく、自分ら1枚板を買いに行ったんちゃうんか。4枚どうするん。つぐんか。また面倒くさいことやらすの。自分ら。」と。


f:id:create-guesthouse-for-vistor:20170626195109j:plain

大工のヒロセさんはタバコを吸いながらニヤッと笑って。


「初めは一枚ものを買うつもりだったんですが。短い板を数枚つぐのも面白いんじゃないのかって話になりまして。値段も一枚もんやったら20万とかするでしょう。これやったら4枚で4万以内で収まるんですよ。ヒロセさんやったらいけるでしょ。天板の高さだけ合わせて」



「よういうわ。もう慣れたけど、カウンターの板をつぐのは初めてやで。こんなん普通の大工やったらようやらんで。めっちゃ手間やかなら。」


「ヒロセさんやったら出来るでしょ。普通の大工やないから。笑。」

 

f:id:create-guesthouse-for-vistor:20170626195125j:plain




そんなことを言いながら4枚の板の並べる順番を考えて。




「これが端っこきた方がかっこええなぁ。なんかパズルみたいでおもろない?」
なんて話ながら。




高さを合わせて。



板を並べる順番を決めて。

 

f:id:create-guesthouse-for-vistor:20170626203837j:plain


 

 

出来たカウンターはこんな感じになりました。ヒロセさん、本当にありがとさんです。大切に今も使っています。 

 




泊まっていただいたお客さんに少しでも満足してもらうために、そしてもっとたくさんの人に泊まっていただけるように日々精進です。


少しの手間をかけて美味しい朝食を

f:id:create-guesthouse-for-vistor:20170619202537j:plain



「この宿はこのままでいいよ。あなたの世界観を変える必要はない絶対に。あなたがお客さんのために変えたいなっていうところを少しずつ変えていったらいい。焦ることはないよ。ちゃんと居心地はいいから。」

続きを読む

近すぎず、遠すぎず、誰にとっても居心地のいい場所を創る

f:id:create-guesthouse-for-vistor:20170613200502j:plain

私は昨年の9月に宿とバーを始めました。



それから月に1度は宿を始めたいです!」という方々が泊まりに来ます。


アドバイスを出来るとしたら「やってみたいことがあれば始めてみたらどうですか」ということです。




私は今まで宿で働いたこともありません。カクテルを作ったこともないし、珈琲を淹れたこともありませんでした。


珈琲は通天閣の近くのカフェで仲良くなったお母さんにドリップの仕方を教わりました。お母さんは82歳かな。ドリップを覚えたら、次はアイスコーヒー。抹茶の点て方も教わり、抹茶オレも作れるようになりました。




ゲストハウスもほとんど泊まったことはありません。

宿を作っている時にベッドの大きさに迷い、工務店のユウスケさんと一度だけゲストハウスに泊まりました。ベッドの大きさを測り終わったら、すぐに飲みに出かけてしまって。帰ってきたのは朝の4時。ほとんど宿にはいませんでした。笑。

 

お酒は好きだから、毎日飲んで試行錯誤しながら。




ようは人間根性です。やるしかないってなったら頑張れるもんですよ。

 



アドバイスにはなりませんが接客で意識していることは
お客さんとの距離感。


誰にとっても居心地がいい空間を作るために
近すぎず、遠すぎず、自由な雰囲気を作りたいだから、きっちりするところはきっちり。後はゆるく。ってのを意識するようにしています



私にとって居心地のいい空間というのは過ごし方を自分で選べることです。




観光に疲れ一人の時間が欲しいなと思う時もあるし、ちょっと誰かと喋りたいなと思う時もあります。だから、必ず一度はお客さんに話かけるようにしています。「今日はどこに行くんですか?」とか「珈琲でも飲みますか?」とか。それが自分にとって居心地の良さだから。




また戻ってきたい。そんなふうに感じてもらえる宿にしていきたいなと思っています。


昨日は久しぶりにユウスケさんと飲みにいきました。相変わらず面白いことやってました。こういう面白い人たちと肩を並べて仕事をしたいなと改めて思いました。


そんなことを考えたら休んでいる暇はありません。一人でも多くの人に泊まってもらえるように毎日頑張っていかんとな。


今日のおすすめアーティスト。PVがすごく綺麗。
朝8時とかにかけると透き通る感じ。

www.youtube.com




木こりとユウスケさんと選んだリビングの木

神社の前というのはどこか清々しい気持ちになります。


「この木がいいです、空間が引き立ちます」と褒めてもらう機会が多く嬉しい限り。

f:id:create-guesthouse-for-vistor:20170603181032j:plain



始めはリビングに木を立てるなんてアイディアはありませんでした。


もともと、アメリカっぽいデザインの大きいソファー置いたら、雰囲気出ますよね。と話していて。


ヤフーオクション、アンティークショップと色々見たのですが、三人がけのかっこいいソファーは軽く15万円します。


そんな高いソファーを買う余裕なんてありませんでした。

 




いつかの現場の夜、ユウスケさんに「アメリカのデザインのソファー。色々探してますけどかっこいいのは高くて手が出ないですね。」と話したら。


「ヤマシタくん、でっかい木を立てるとかどうなん。キャンプ好きやろ」

「めっちゃ雰囲気出ますけど。絶対高いでしょ。お金ないっすよー」

「ちゃうねん、材木としては成り立たないような木を山の中に切りにいくんよ。それやったら数万やで」

「めっちゃいいですね、それで行きましょ!」

 

 



次の日の朝、ユウスケさんが材木屋を通して、木こりの段取り。それから山の中へ。


f:id:create-guesthouse-for-vistor:20170603193015j:plain


 

f:id:create-guesthouse-for-vistor:20170603193327j:plain

「ヤマシタくん、どの木がええの」
「枝が数本分かれているやつがいいですね」


f:id:create-guesthouse-for-vistor:20170603194012j:plain


木こりが切ってくれた木の長さを確認するユウスケさん。

 

f:id:create-guesthouse-for-vistor:20170603194018j:plain

 

帰りに脱輪して死にかけて。

 

f:id:create-guesthouse-for-vistor:20170603194025j:plain

材木屋さんが山から木を運んで来てくれて。

 

f:id:create-guesthouse-for-vistor:20170603194044j:plain

木の皮を剥がしてみたら綺麗に剥がれて。

 

f:id:create-guesthouse-for-vistor:20170603194110j:plain

本当に綺麗に剥がれた。

 

f:id:create-guesthouse-for-vistor:20170603194128j:plain

 

ヒロセさん(大工さん)が切って、何度も微調整をしてみんなで建てました。


そんな思い出が詰まった木です。


小学校の理科室で机の横についてるシンクを洗面台につけたら安く収まるのでは、ということまで考えました。笑。あのアイディアが出た時はこの人天才かもなと思いました。笑。



 

音楽が創る空気感

音楽が空間を創る

空間を創る要素の一つとして音楽って、とても大事なものだと思っています。例えばですが、朝8時半、10時半、午後2時、夕方、夜、その時々に心地いい音楽があると思います。コーヒーがより美味しく感じたり、ゆったりリラックスできたり、かと思えばこれから元気よく出かけて行くって時にはアップテンポの曲をかけたり。

1日の音楽の流れ(例)

例えばですが私の流す音楽はこんな感じです。


8:30  透き通るような音楽 

www.youtube.com


10:30   ちょっと外に出かけたくなるような

www.youtube.com


12:00   宿で一人掃除なのでテンションあげて

www.youtube.com



14:00  ゆったりと珈琲飲みながら一息つくような

www.youtube.com


16:00  夕日が合うような

www.youtube.com


18:00  ちょっとアップテンポ

www.youtube.com


20:00  アップテンポとしっとりの間

www.youtube.com


21:00  しっとり

www.youtube.com


こんな感じで、基本的にはゆったりした曲とちょっと元気になるくらいの曲が多いです。宿の雰囲気とかその日のお客さんに合わせる感じです。



今まで知らなかったものを何か一つ持ち帰ってもらえたら

宿に泊まっていただいたお客さんに何か一つ。今まで知らなかったものを持ち帰ってもらえたらいいなと思っています。ちょっとした会話や時間の積み重ね。それがまた大阪に来てくれる理由になるのかななんて。友人いわく「小さな感動」です。





わたしの場合は音楽

私は東京で野外音楽フェスティバルのスタッフをしていました。2010年のフジロックで聞いたoasisが本当にかっこよくて。野外で聴く音楽の開放感と生の音に感動したことを覚えています。

宿ではBGM程度に音楽を流しています。

「このアーティスト聞いたことないけれど。いいですね。なんて名前のアーティストさんですか」なんて聞いてもらえたら嬉しい限りです。

宿泊された海外のお客さんで音楽好きだったら、アーティストを教えてもらったり、レコード屋のホームページをみたり、音楽の幅を増やすように勤めています。




お客さんがゆったり出来るような音楽をこれからも流していけたらと思います