大阪で宿を始めてから。次の夢を叶えるまで。

もう一度あの工務店と仕事をするために日々精進。次はエゴラッピンがライブをしたくなるそんな宿を作りたい。

音楽が創る空気感

音楽が空間を創る

空間を創る要素の一つとして音楽って、とても大事なものだと思っています。例えばですが、朝8時半、10時半、午後2時、夕方、夜、その時々に心地いい音楽があると思います。コーヒーがより美味しく感じたり、ゆったりリラックスできたり、かと思えばこれから元気よく出かけて行くって時にはアップテンポの曲をかけたり。

1日の音楽の流れ(例)

例えばですが私の流す音楽はこんな感じです。


8:30  透き通るような音楽 

www.youtube.com


10:30   ちょっと外に出かけたくなるような

www.youtube.com


12:00   宿で一人掃除なのでテンションあげて

www.youtube.com



14:00  ゆったりと珈琲飲みながら一息つくような

www.youtube.com


16:00  夕日が合うような

www.youtube.com


18:00  ちょっとアップテンポ

www.youtube.com


20:00  アップテンポとしっとりの間

www.youtube.com


21:00  しっとり

www.youtube.com


こんな感じで、基本的にはゆったりした曲とちょっと元気になるくらいの曲が多いです。宿の雰囲気とかその日のお客さんに合わせる感じです。



今まで知らなかったものを何か一つ持ち帰ってもらえたら

宿に泊まっていただいたお客さんに何か一つ。今まで知らなかったものを持ち帰ってもらえたらいいなと思っています。ちょっとした会話や時間の積み重ね。それがまた大阪に来てくれる理由になるのかななんて。友人いわく「小さな感動」です。





わたしの場合は音楽

私は東京で野外音楽フェスティバルのスタッフをしていました。2010年のフジロックで聞いたoasisが本当にかっこよくて。野外で聴く音楽の開放感と生の音に感動したことを覚えています。

宿ではBGM程度に音楽を流しています。

「このアーティスト聞いたことないけれど。いいですね。なんて名前のアーティストさんですか」なんて聞いてもらえたら嬉しい限りです。

宿泊された海外のお客さんで音楽好きだったら、アーティストを教えてもらったり、レコード屋のホームページをみたり、音楽の幅を増やすように勤めています。




お客さんがゆったり出来るような音楽をこれからも流していけたらと思います

 

くぐって入るドア

宿の内装の一つ一つに思い出が詰まっています。その一つが宿の玄関のくぐり戸です。

宿を始めてから、たまに頭をぶつけるお客さんがいるので、案内するときに「ドアが小さいから、頭をぶつけないようにね。」と一言付け加えるようにしています。

f:id:create-guesthouse-for-vistor:20170521100400j:plain


宿の玄関。皆がここから入って来ます。一番目に入るところ。もともとは真鍮のドアノブがついたかっこいい建具をつけたいと思っていました。

けれど改装の予算は本当にギリギリで。アンティーク家具屋で建具を買う余裕がありませんでした。



ユウスケさんの事務所でお邪魔させてもらいまして。2人でパソコンの前に座り、ヤフーオークションなどでひたすら建具を探しました。



「この建具はどうですかね、いい感じやと思うんですが」
「ヤマシタくん、それやったら古民家っぽくなるで」
「なんていうかアメリカとかパタゴニアっぽい感じのやねん。」
「これはどうですかね〜」
「いい感じやん。イメージ掴んで来たな。けど高いなー」


事務所で朝から探し始めたのですが良いのが見つからなくて。
その日の夜はユウスケさんの家に泊めてもらいました。ありがとさんです。



2日目の午後、
「これ、めっちゃいい感じや。かっこいい、イメージ通りやで。これやろ!」
と見つけた建具があって。
「思ってたよりも安いですね!誰かに買われる前に買わないと!」
「うっしゃ。行くで」とホームページをプルダウンして行くと。

よくよく見たら既に売り切れてしまっっていて。


「うわー。まじかー。しかもなんでこんな直近で売れてんねん。」

と二人して唸り声をあげたのを覚えています。


f:id:create-guesthouse-for-vistor:20170521094431j:plain

 

それからも
大阪、アンティーク、建具、輸入、アメリカ、神戸、京都、古道具、こんなキーワードをパソコンにひたすら打ち込みました。



けれど、やっぱり一度これだってものを見つけてしまった後だったのでなかなか見つからなくて。



最後に辿りついた案がくぐり戸でした。

f:id:create-guesthouse-for-vistor:20170521094230j:plain


「ブルックリン調のカフェのドアはしっくり来ないし、古民家風の引き戸も違うなぁ。ヤマシタくん、くぐり戸とかどう?前に一緒に行ったバーあるやん、あそこのくぐって入るドアあったやん。あんな感じで。」


「宿でくぐり戸って。めっちゃ面白いじゃないですか!イメージはどんな感じですか。」と言って絵を描いてもらいました。

 

 

 


「家のドアがくぐり戸やったら、しんどいけど旅行やったら面白し、想い出に残るやろ。これやったらアンティークとかの建具より安いし!」
「それで行きましょ!」


そんな感じで宿の入口がくぐり戸になることが決まりました。before after はこんな感じです。



f:id:create-guesthouse-for-vistor:20170521143332j:plain

f:id:create-guesthouse-for-vistor:20170521143358j:plain

 

f:id:create-guesthouse-for-vistor:20170521143534j:plain





f:id:create-guesthouse-for-vistor:20170521143632j:plain







f:id:create-guesthouse-for-vistor:20170521143750j:plain

今日は夏らしい曲を聞きながらサイダーでもどうぞ。

www.youtube.com

宿を始めた今とこれからの夢

宿を始めるまで

振り返ると宿を始めるまでは宿を始めることに必死でした。
2016年1月に会社を辞めてから9月にオープン。

始めは1000万円もあれば足りるだろうと思っていた改装費。実際に見積もりをお願いすると2000万円を超えていました。その日の夜、仙台に住む友人に「あのさ、宿できないかもしれない」と泣きそうになりながら電話しました。

後日、社長のユウスケさんにあって「なんとか1800万円まではかき集めます。それでなんとかお願いします。。」と話すと。少し間をおいて、「おっしゃ。分かったヤマシタくん。やろう」。

なんとか工事が始まりました。家賃1万円のアパートに引っ越して、朝から晩まで工事を手伝い。夜はスタバでメールのチェックをする。そんな7ヶ月間でした。


宿を始めた今


物件の改装をしている時は宿を始めることに精一杯で、営業を始めてからのことを考える余裕なんてありませんでした。
 

今は違います。

どうしたらもっと多くの人が泊まりに来てくれるのだろうか。お客さんが心地よく過ごしてくれるのか。ゆったりした音楽、落ち着く照明、居心地のいい接客、そんなことを考える日々。

ユウスケさんが音楽、キャンプ、Patagonia. 私の大好きなものをテーマに本当にかっこいい宿を作ってくれたから。

大阪に来たらここに泊まりたいと思ってもらえるような宿を目指して日々精進です。

 

これからの夢

 

宿を始める前と始めたあとでは本当に想いが変わります。ヤマシタくん「10年後にどうなっていたいのかが大事だよ」とユウスケさんから言われて。


10年後は私も40歳です。よく考えてみると10年後も同じように働いていたい訳ではありません。10年後は会社を創り、自分がいなくても宿が周り、もっと他の面白いことをしていたいなと思います。



朝ごはんがとっても美味しくて、エゴラッピンがライブに来てくれるような宿を作りたい。自分がいなくても成立する宿にしたい。そのためにはもっとたくさんの人に泊まりに来てもらわないと。

そう考えると休んでる暇なんてありません。毎日頑張ろう。

何よりもお世話になったSHU建築さんとまた仕事をしたい。そのために毎日出来ることをひとつずつ頑張って行きたいなと思います。



今日の音楽はPredawn。思わずため息をついてしまうような透き通る歌声が美しい。
淹れたてのコーヒーと共にどうぞ。

soundcloud.com

わたしについて

こんにちは。大阪でゲストハウスの経営を初めてからの日記です。 

「宿と私」

「何故ゲストハウスを始めたんですか」というのはもっとも聞かれる質問です。
どうやらゲストハウスをはじめる人は

  •  人とコミュニケーションをとるのが好き
  •  旅に関わる仕事をしたい

というイメージがあるようです。私はドミトリー(相部屋)があまり得意ではありませんでした。誰かとコミュニケーションをとらないといけないみたいで。

  • ゆっくり休みたいとき
  • 少し寂しくて誰かと話をしたいとき

    それを選べる宿があったらいいなと思い作った宿です。

 

朝、自分の好きな音楽をかけて、コーヒーを飲みながらお客さんとゆったり雑談している時間が一番好きです。泊まってくれたらコーヒーを1杯無料です。ちゃんとドリップで入れますよ。

 

「わたしの経歴」


「前職は何をされていたのですか」というのもよく聞かれる質問です。

  • 平日は製薬会社の営業
  • 休日はキャンプと野外フェスに出かける。
  • 冬は暇 

仲の良い友人が結婚したり、家を買ったり、転職したり。周りの変化もあり、29歳~30歳というのはこれからの生き方を色々と考えるようになった年です。

旅が好きだったらから、貯めたお金で2~3年間、世界を旅行するのもいいなと思ってました。

そう思って世界を旅行してきた人のブログを読んでみると、多くの人は旅行から帰ってくると就職活動をして企業で働いていました。


それは連休が長くなっただけで何も変わらない。
生き方を変えたい。

自分で考えて、好きなことを仕事にしていきたいと思ったのがきっかけです。

 

「大阪と私」

 

「なんで大阪で宿を始めたのですか」これもよく聞かれます。

  • 奈良は宿泊する人が少ない
  • 京都は既に宿がたくさんあるし、家賃が高い


大阪で物件を探し始めました理由です。

でも最後に大阪で宿をやることを決めた理由は

  •  設計・施工を行ってくれたSHU建築中山さん
  •  カメラマンの磯井さん
  •  ホームページ、ロゴデザインの辻さん
  •  宿の改装を手伝ってくれたたくさんの方々


そんな人たちと出会うことが出来た大阪。
ここで宿を作りたいと思ったのが大阪で宿を始めた理由です。


振り返ってみると千葉で研修を終えて、会社の配属が奈良に決まった時は本当にいやでした。関西にきたのは就職して入った会社の配属先が奈良県だったからです。

 

「旅と私」

 

「今まで知らなかった世界へ一歩踏み出す」



バックパックを背負い、はじめて一人で旅行をしたとき、地元の方がとても優しくしてくれました。それまでは旅は誰かと行くことが当たり前だと思っていましたが、実際に出かけてみたらそうではありませんでした。


何かを新しく始めることで見えてくる景色があると思います。それを教えてくれたのがひとり旅でした。